Press releases



Portrait of Prof. Taira


  1. Laser Focus World, "Ceramic Nd:YAG microchip provides highly-efficiency laser output", p. 9 (1999.3).

  2. NATIONAL SCIENCE FOUNDATION TOKYO REGIONAL OFFICE, "Institute for Molecular Science (IMS)", Special Scientific Report#99-04 (May 26, 1999).

  3. Optical Engineeing, vol. 38, no. 11 (1999.11).

  4. 中日新聞, 平成12年3月24日, "レーザー用のセラミックス" (2000).

  5. 日刊工業新聞, 平成12年3月24日, "多結晶体YAG、レーザー発振に成功" (2000).

  6. 読売新聞, 平成12年3月24日, "セラミック技術でレーザー" (2000).

  7. Jetro, "High-performance ceramic micro-chip laser" (2000.5).

  8. 日経メカニカル, no. 552, pp. 62-63, "多結晶Nd添加YAGで高出力レーザ発振" (2000.9).

  9. 日本工業新聞, 平成13年12月27日, "分子科学研究所など、Yb:YAGでレーザー発振成功" (2001).

  10. 中日新聞, 平成13年12月27日, "レーザー発振に成功、素材をマイクロチップ化" (2001).

  11. 福井新聞, 平成13年12月27日, "高性能レーザー発光成功" (2001).

  12. 日刊県民福井, 平成13年12月27日, "次世代レーザー開発" (2001).

  13. JIJweb日刊工業新聞, 平成13年12月27日, "Yb:YAGでレーザー発振成功" (2001).

  14. 福井新聞, 平成14年1月3日, "すべての発想を変えて始めよう" (2002).

  15. 日刊工業新聞, 平成14年2月5日, "YAG結晶のデポラリゼーション、面方位依存性が存在" (2002).

  16. オプトロニクス, no. 242, "エッジ励起型マイクロチップYb:YAGレーザの発振に成功", p. 187 (2002.2).

  17. オプトロニクス, no. 243, "YAG結晶のデポラリゼーションに面方位依存性が存在することを解明", p. 79 (2002.3).

  18. 日刊工業新聞, 平成14年8月9日, "Nd:YVO4マイクロチップレーザー 80.3%のスロープ効率達成" (2002).

  19. 科学新聞, 平成14年8月16日, "14年度科学技術振興調整費新規課題  平等拓範・岡崎国立共同研究機構(輻射制御直接励起マイクロチップレーザー)(株)オキサイド、浜松ホトニクス(株)" (2002).

  20. 中日新聞, 平成15年6月20日, "超微細加工技術へ応用期待、新レーザーを共同開発" (2003).

  21. 中部経済新聞, 平成15年6月24日, "分子研、JFCCが超短パルス光発生のセラミックレーザーを開発" (2003).

  22. 日刊工業新聞, 平成15年6月24日, "10ピコ秒パルス光を発生、多結晶セラで高効率" (2003).

  23. レーザー研究, 平成15年8月, "私の見たCLEO/QELS2003", vol.31, no.8, pp.557-558 (2003).

  24. レーザー研究, 平成15年11月, " (社)レーザー学会第313回研究会「高機能固体レーザーとその応用」開催報告", vol.31, no.11, pp.781-782 (2003).

  25. 応用物理, 平成15年12月, "周期分極反転MgO:LiNbO3を用いたNd:GdVO4レーザーのシングルパス波長変換による高出力の室温連続緑色光発生", vol.72, no.12, p.1550 (2003).

  26. PHOTONICS SPECTRA, “Researchers Around the World Obtain Vanadate Improvements” pp.34-41 (2004.1).

  27. PHOTONICS SPECTRA, "Ceramic Lasers:Ready for Action", pp.50-56 (2004.2),.

  28. 光学, "2003年光学界の進展 〜レーザー〜", vol. 33, no. 4, pp. 212-213 (2004).

  29. ネットあいち, "(財)科学技術交流財団の平成16年度新設研究会がスタート 〜科学技術の創出を目指した7分野12研究会〜「小型高効率固体レーザー光源実用化に関する研究会」", 平成16年4月23日 (2004).

  30. FMおかざき・歓天喜地, "身近な研究機構へ期待", 平成16年5月21日 (2004).

  31. 応用物理, 第51回応用物理学関係連合講演会報告 "量子エレクトロニクス", vol. 73, no. 6, pp. 791-792 (2004.6).

  32. 応用物理, 第51回応用物理学関係連合講演会報告 "光エレクトロニクス", vol. 73, no. 6, pp. 792-793 (2004.6).

  33. PHOTONICS SPECTRA, "Periodically poled MgO:LiNbO3 generates high-power green", pp. 120-121 (2004.6).

  34. レーザー研究, " (社)レーザー学会第324回研究会 「高機能固体レーザーとその応用」 開催報告", vol. 32, no. 9, pp. 611-612 (2004.9).

  35. 応用物理, "周期分極反転MgO:LiNbO3結晶を用いた912 nm Nd:GdVO4レーザー波長変換による連続青色光の発生", vol. 73, no. 11, p. 1452 (2004.11).

  36. 科学新聞, "手のひらサイズのメガワットレーザー開発", 平成17年4月8日 (2005).

  37. 讀売新聞, "手のひらサイズ発振器", 平成17年4月19日 (2005).

  38. 毎日新聞, "小型の発生装置開発", 平成17年4月19日 (2005).

  39. 朝日新聞, "安全に透視 手のひらサイズ". , 平成17年4月19日 (2005).

  40. 中日新聞, "テラヘルツ波発生器小型化" , 平成17年4月19日 (2005).

  41. 日刊工業新聞, "テラヘルツ波実用化にめど" , 平成17年4月19日 (2005).

  42. 東京新聞(Web press), "X線に代わる安全検査「テラヘルツ波」装置", 平成17年4月19日 (2005).

  43. オプトロニクス, no. 282, "分子科学研究所と浜松ホトニクス, 理化学研究所, マイクロチップレーザ励起テラヘルツ波パラメトリック発生器を開発", p. 94 (2005.6).

  44. HAMAMATSU Japan, "新しいレーザー媒質の採用と完全空冷化を図り、小型で高安定性を実現した端面励起CWグリーンマイクロレーザーヘッドの開発に成功", 平成17年9月27日 (2005).

  45. 北陸技術交流テクノフェア2005, "世界初 CW方式高輝度高出力マイクロチップ型Yb:YAGレーザ発振器の開発", (独)科学技術振興機構(福井県地域結集型共同研究事業), 福井, 平成17年10月13日〜14日 (2005). 平成14〜16年科学技術振興調整費共同研究成果, 地域結集型発研究成果移転フェア, "同上", 科学技術振興機構(福井県地域結集型共同研究事業), 東京, 平成17年11月2日(2005).

  46. 平成14〜16年科学技術振興調整費共同研究成果, 地域結集型発研究成果移転フェア, "CWグリーンレーザーの開発〜Ti:sapphire発振器励起光源開発〜", 科学技術振興機構(静岡県地域結集型共同研究事業), 東京, 平成17年11月2日(2005).

  47. 総研大ジャーナル, no. 8, 2005 秋, "マイクロチップレーザーの開発 ", 総合研究大学院大学, pp. 6-7 (2005).

  48. oe magazine, The SPIE Magazine of Photonics Technologies and Applications,"Microchip Laser Nears 2-MW Output", (2005. 10).

  49. O PLUS E, "一枚の写真 手のひらサイズのレーザー", 浜松ホトニクス㈱ 玉置 善紀, vol. 28, no. 1, p. 2 (2005).

  50. 科学技術は今, "レーザーで点火!?エンジンの革命がはじまる!", (財)あいち産業振興機構, 平成18年8月17日 (2006).

  51. レーザー&オプティクス2007(インターネプコン) "グリーン用バルク型波長変換でバイス", 東京, 平成19年1月17日〜19日 (2007).

  52. 光学, "2006年光学界の進展 〜レーザー〜", 庄司一郎, vol. 36, no. 4, pp. 181-183 (2007).

  53. 豊田章一郎(トヨタ自動車株式会社名誉会長)が分子科学研究所を視察, 平成19年4月3日 (2007).

  54. PHOTONICS SPECTRA, "What’s next for solid-state lasers?" pp. 82-89 (2008.3).

  55. Nature Photonics, vol. 2, "Ceramic future" pp. 216-217 (2008.4).

  56. (株)東レリサーチセンター, エレクトロニクスの熱対策 −熱問題解決法、熱対策から熱計画へ−, "(5)エッジ励起高出力マイクロチップレーザー用水冷ヒートシンク − ふくい産業支援センター", pp. 62-63 (2008.7).

  57. Nature Photonics, vol. 2, "Lasers for engine ignition" pp. 515-517 (2008.9).

  58. 日経産業新聞, "微粒子形成過程 1個単位で解析", 平成20年11月5日, (2008).

  59. Ricoh Technical Report No. 34, "Development of a green laser for new type of printing system usingfull-color rewritable paper, " pp. 17-23 (2008). (カラーリライタブルプリンティング用緑色レーザー光源の開発,鈴土剛,東康弘,廣居正樹,佐藤康弘,三船弘庸)

  60. オプトロニクス, no. 325, "第24回櫻井健二郎氏記念賞,受賞者決定", p. 168 (2009.1).

  61. 日経産業新聞, "職人技 宇宙の謎に迫る", 平成21年3月11日 (2009) .

  62. 中部経済新聞, 平成21年3月30日, "柳田氏(阪大教授)を講師に JSTイノベーションプラザ東海 来月科技講演会 育成研究成果も報告" (2009).

  63. 科学技術講演会・育成研究成果報告会,平成21年4月24日,「エンジン点火用高輝度マイクロレーザー」 (2009).

  64. 光学, "2008年光学界の進展 〜レーザー〜", 平野嘉仁 (リコー関連), vol. 38, no. 4, pp. 180-182 (2009).

  65. レーザー研究, 「レーザーの50年」特集号, 平成22年1月, "最先端の光の創成を目指したネットワーク研究拠点", vol.38, no.1, pp.67-69 (2010.1).

  66. OPN Optics & Photonics News, OSA TODAY, "2010 OSA Fellows: Sixty-three OSA members were recently elevated to the rank ofFellow", vol. 21, No. 2, p. 48 (2010.2).

  67. 分子科学研究所 学術トピックス「平等拓範准教授に米国光学会フェロー表彰」 (2010.4).

  68. 光学, 「5.レーザー」, 西澤典彦, vol. 39, no. 4, pp. 180 (2010).

  69. 分子研レターズ, IMS café, 研究室紹介1, "究極の光との歩み", vol. 62, pp. 30-31 (2010.9).

  70. 科学新聞, 「産学イノベーション加速事業「先端計測」29課題」, 2010年9月3日.

  71. 日刊工業新聞, 「産学イノベーション加速事業 内山助教ら29件採択」, 2010年9月23日.

  72. Environmental Report 2010「収束イオンビーム/レーザーイオン化法による単一微粒子の履歴解析装置」, 東京工業大学, p. 22 (2010).

  73. レーザー研究, 「ICALEO 2010会議報告」, "レーザーによるXUV〜X線の発生とその応用特集号", 鷲尾邦彦, vol. 38, no. 12, p. 1002-1005 (2010).

  74. 国際会議速報, 「ICALEO 2010ショート速報[レーザ加工]」,(財)光産業技術振興協会, 鷲尾邦彦, H22-No. 30 (2010).

  75. 分子科学研究所 機器センターたよりNo. 3, 「レーザーセラミックスのマイクロドメイン構造制御」,  pp. 52-55 (2010).

  76. NLO, Call for Papers (2011).

  77. レーザー研究, 「ASSP2011会議報告」, 白川 晃, vol. 39, no. 4, pp. 265-268 (2011).

  78. The OPN Blog, "CLEO:2011 Opens with Strong Technical Sessions," May (2011).

  79. CLEO:2011 Wrap-Up in Pictures (2011).

  80. 分子科学研究所HP アクティビティ紹介, 「ジャイアントマイクロフォトニクスの創成とレーザー点火」, 2011年7月.

  81. SCIENCE & VIE, "Des lasers feront tourner nos moteurs," No. 1126, July, pp. 46-47 (2011).

  82. レーザー研究, 「CLEO Europe EQEC 2011会議報告」, 鈴木将之, 桐山博光, vol. 39, no. 8, pp. 649-651 (2011).

  83. APS Physics, "Highlights from the CLEO: 2011 meeting", August (2011). http://www.aps.org/units/dls/newsletters/201108.cfm

  84. Engine Technology International , "Ray of Light, " T. Taira, pp. 46-50 (2011).

  85. IEEE Photonics Society, "New Senior Members", Membership Section, October (2011).

  86. レーザー研究, 「第10回"非線形光学"トピカルミーティング報告」, 神成文彦, vol. 39, no. 11, pp. 868-869 (2011).

  87. レーザー研究, 「第3回レーザーピーニング国際会議開催報告」, 佐野雄二, 佐野智一, 部谷学, vol. 39, no. 12, pp. 942-944 (2011).

  88. レーザー協会誌, 海外/展示会情報「国際会議World of Photonics Congress 2011 および 展示会LASER World of PHTOONICS 2011」, 庄司一郎, vol. 37, no. 1, pp. 40-43 (2012).

  89. 分子科学研究所HP アクティビティ紹介, 「平等准教授に国際光工学会(SPIE)フェロー授与」, 2012年2月.

  90. SPIE Professional, "75 New SPIE Fellows for 2012", pp. 14-17, April (2012).

  91. 光学, 「9.3 テラヘルツ波工学」, 尾松孝茂, vol. 41, no. 4, p. 230 (2012).

  92. 第77回レーザ加工学会講演論文集, 「【基調講演】レーザピーニング技術の現状と今後の展開」, 佐野雄二, pp. 1-4 (2012).

  93. SPIE Press Room-Event Coverage "SPIE Photonics West 2012 Event News and Photos," June (2012). http://spie.org/x84294.xml

  94. 分子科学研究所技術課Activity Report 2011, 「2011年度ハイライト 機器開発技術班 製作依頼」, p. 2 (2012.5).

  95. 科学技術交流ニュース, 共同研究「平成24年度採択の2テーマは、本年7月からスタートしました」, vol. 18, no. 2, p. 9 (2012.8).

  96. (財)科学技術交流財団, "共同研究推進事業における採択事業一覧 平成24年度採択テーマ「エンジン点火用高輝度マイクロチップレーザーの開発研究」", (2012.8). http://www.astf.or.jp/astf/kyodo/select.html 

  97. PHOTONICS SPECTRA, "Laser car ignition dream sparks multiple approaches," pp.40-43 (2012.9).

  98. 光学, "5.2 半導体レーザー以外のレーザー", 産総研 鳥塚健二, vol. 42, no. 4, p. 177 (2013).

  99. 日本経済新聞, "レーザーでエンジン点火", 平成25年4月23日夕刊16面

  100. 日経産業新聞, "レーザー点火 出番視野", 平成25年4月25日11面

  101. レーザー研究, 平成25年5月, 業績賞:進歩賞「10mm 厚PPMgLNデバイスによる0.5J級パラメトリック発振」, vol.41, no.5, pp. 1-2 (2013.5).

  102. The Nikkei Weekly, "Laser ignition may put spark plug to rest," vol.51, no. 2,595, June 3 (2013).

  103. オプトロニクス, no. 378, "OPIE’13開催, 研究・開発から産業応用向けまで多彩な光製品が一同に集まる!", pp. 93-96 (2013.6).

  104. K. Ohishi, T. Sakamoto, J. Saikawa, N. Ishigaki, K. Tojo, Y. Ido, S. Hayashi, S. Ishiuchi, K. Misawa, and M. Fujii, "Imaging of polycyclic aromatic hydrocarbons by means of sputtered neutrals mass spectrometry using a diode-pumped solid-state laser," Analytical Sciences, vol. 29, no. 3, pp. 291-295 (2013).(謝辞)

  105. 科学新聞, 「先端計測 製品化件数増え広く認知-光学、放射線分野など進展」, 2013年8月30日.

  106. 電子情報通信学会誌, 「レーザエンジン点火 ?量子の力で省エネ-」, ニュース解説, vol. 96, no. 9, pp. 737-738 (2013).

  107. 科研費NEWS(2013年度 VOL.2), 「ジャイアントパルスマイクロチップレーザー

  108. 公益財団法人りそな中小企業振興財団, 機関誌「かがやき」, 技術懇親会 "第7回講演会、「光科学センターユニオン」見学、交流会", 『先進光源と産業応用』,「量子の力でエンジンを回す!?マイクロチップレーザーが拓く次世代火力発電・自動車エンジン?」vol.25, p. 26 (2013).

  109. レーザー研究, 平成25年10月, 「OPIC LIC’13(第1回レーザー点火国際会議)開催報告」, vol. 41, no. 10, pp. 857-859 (2013).

  110. 分子科学研究所HP アクティビティ紹介, 「平等拓範准教授に米国電気電子学会(IEEE)フェロー授与」, 2014年1月(2014).

  111. JST研究成果展開事業 先端計測分析技術・機器開発プログラム 2014, 平成22年度採択開発課題 機器開発タイプ, 「次世代質量イメージングのためのUVマイクロチップレーザーを用いた計測システムの開発」, 独立行政法人科学技術振興機構, p. 26 (2014).

  112. JST研究成果展開事業 先端計測分析技術・機器開発プログラム 2014, 平成25年度採択開発課題 実証・実用化タイプ, 「「次世代質量イメージング用UVマイクロチップレーザー」 の実用実証化」, 独立行政法人科学技術振興機構, p. 30 (2014).

  113. 分子科学研究所HP アクティビティ紹介, 「平等拓範准教授に米国電気電子学会(IEEE)フェロー授与」, 2014年1月.

  114. IEEE Photonics Society, "IEEE Photonics Society Fellows- Class of 2014, " p. 40, February (2014).

  115. IEEE Photonics Society, "Call for Papers, " p. 52, February (2014).

  116. THE INSTITUTE, IEEE, "Introducing the 2014 Fellows, " p. 18, March (2014).

  117. (財)科学技術交流財団, "平成25年度共同研究推進事業報告書 - 平成24年度採択-「エン
      ジン点火用高輝度マイクロチップレーザーの開発研究」," pp. 5-36 (2014.3). 

  118. SPIE Press Room-News of SPIE Members, "SPIE leaders, Fellows participate in OPIC/OPIE in Yokohama," 19 May (2014). http://spie.org/x108367.xml

  119. 科学技術交流ニュース, 共同研究「エンジン点火用高輝度マイクロチップレーザーの開発研究」, vol. 20, no. 1, p. 11 (2014.7).

  120. レーザー研究, 平成26年8月, 「OPIC LIC’14(第2回レーザー点火国際会議)開催報告」, vol. 42, no. 8, pp. 671-673 (2014).

  121. IEEE Photonics Society News, "Recognition at CLEO 2014, " p. 46, October (2014).

  122. NINS bulletin, "[12/1-3]第3回INIS Colloquium「自然科学の将来像」を開催," vol. 3 (2015.1.14).

  123. 2014 Advanced Solid State Lasers (ASSL) Feature Issue in Optics Express and Optical Materials Express, Call for Papers (2015).

  124. 2015 Nonlinear Optics Feature Issue in Optics Express and Optical Materials Express, Call for Papers (2015).

  125. 分子研レターズ, 共同利用研究ハイライト, 「サブナノ秒レーザーを用いたレーザー点火の基礎特性」, 赤松史光, 林 潤, vol. 71, pp. 31-32 (2015.3).

  126. 分子研レターズ, 分子科学コミュニティだより, 「運営に関わって」, 兒玉了祐, vol. 71, pp. 46-47 (2015.3).

  127. (公財)科学技術交流財団パンフレット, 研究会事業「平成27年度設置委員会」, p. 4 (2015.6).

  128. (公社)応用物理学会 フォトニクス分科会, フォトニクスニュース, 「レーザー・非線形光学分野の進展」, 栗村 直, vol. 1, no. 1, p. 18 (2015.8). Photonics Division, "Developments in Laser/Nonlinear Optics fields," S. Kurimura, vol. 1, no. 1, p. 18 (2015.8).

  129. 革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)News Letter, 「超小型『X線自由電子レーザー』がいつでも、どこでも自由に使える時代」, 佐野雄二, vol. 2, pp. 6-9 (2015).

  130. レーザー研究, 平成27年9月, 「内閣府ImPACTプログラムにおけるパワーレーザーの開発」, vol. 43, no. 9, pp. 649-651 (2015).

  131. ImPACTの近況について (2015).

  132. 2015 Advanced Solid State Lasers (ASSL) Feature Issue in Optics Express and Optical Materials Express, Call for Papers (2016).

  133. 分子科学研究所 装置開発室 Annual Report 2015, "The development of compact green laser for laser ablation on organic superconductivity transistor, " L. Zheng and T. Taira, pp. 13 (2016).

  134. ImPACT 佐野PMプログラム「ユキビタス・パワーレーザーによる安全・安心・長寿社会の実現」『超小型高出力パルスレーザーの応用・レーザー製品化に関する募集』(4)マイクロ チップレーザー製品化 公募(予告), 2016年8月18日. 

  135. ImPACT 佐野PMプログラム「ユキビタス・パワーレーザーによる安全・安心・長寿社会の実現」マイクロチップレーザー(ハンドヘルドレーザー)製品化 公募説明会 ニュース, 2016年9月1日.

  136. ImPACT 佐野PMプログラム「ユキビタス・パワーレーザーによる安全・安心・長寿社会の実現」超小型高出力パルスレーザー 研究会・公募説明会 ニュース, 2016年9月1日.

  137. ImPACT 佐野PMプログラム「ユキビタス・パワーレーザーによる安全・安心・長寿社会の実現」超小型高出力パルスレーザー 研究会・公募説明会, "ハンドヘルドレーザーの開発?", 2016年9月28日. 

  138. SPIE PHOTONICS WEST SHOW DAILY, "Japanese team develops tiny micromachining laser, " p. 04, February 2 (2017).

【参考】

  1. K. Kawase, M. Yamashita, Y. Ogawa and C. Otani, "Terahertz-wave generation and imaging applications," 26th Annual meeting of The Laser Society of Japan, Omiya Sonic City, Saitama, February9-10, 10pVII8, pp. 182-183 (2006).
  2. 光学, 「収束イオンビームとレーザーイオン化法を用いた環境汚染微粒子の履歴解析」, 藤井正明・坂本哲夫, vol. 40, no. 5, pp. 232-234 (2011).

Return to TAIRA-Web Top / Return to IMS-Web